カテゴリー別アーカイブ: 幸せな社会

「人生の学校」フォルケホイスコーレのサマースクールをロラン島で開校します!

Pederstrup Efterskole.jpg

フォルケホイスコーレってご存知ですか?

デンマーク発祥で、大人になっても学ぶことができる、生涯学習のための学校です。1844年に、デンマークで初めてのフォルケホイスコーレが設立されました。

フォルケホイスコーレ創設の立役者の最も重要な人物の一人、「近代デンマーク精神の父」とも呼ばれるN.F.S. グルントヴィは、1848年に絶対王政が終焉を迎えた翌年1849年に制定されることになるデンマーク初の憲法と民主化を鑑みて、これからは、国民が正しく国のありようを判断できるだけの知恵と知識が必要であり、そのためには「生きた言葉」の教育が必要だと考えました。ラテン語ではなくデンマーク語で、また、教師が一方的に教えるのではなく、その場に集うものは皆同じ目線に立って対話し、それを自己の啓蒙と学びの場とする、その教育をフォルケホイスコーレで行うことにしたのです。

現在、デンマーク国内には70校近くのフォルケホイスコーレがあり、義務教育を終了した17.5歳以上の人なら、年齢、性別、障害の有無、国籍などに関わりなく、誰でも入学することがで きます。ただし、試験や評価はなく、この学校に通ったからといって資格や学位が取れるわけではありません。

それでも、フォルケホイスコーレで学ぶ意義とは、普段の生活の中で、なかなかじっくり取り組んだり考えたりすることができないテーマについて、寄宿舎制の学びの場で、講師と学生が対等な立場という環境で、食住をともにしながら、ゆっくり考えたり議論したり取り組んだりできることにあります。それが、「人生の学校」と呼ばれる所以です。

現在、私は仲間たちと共に、このフォルケホイスコーレのインターナショナル版を、ロラン島に開校する準備をしています。2019年の開校を目指し、今年の夏は、手始めに日本人とデンマーク人を対象に、3週間のサマースクールを開校します。

期間は、2017年7月23日〜8月12日までの3週間。

私たちが開校するサマースクールでは、3週間の間”Common Challenges, Common Solutions”という大きなテーマを掲げ、それぞれ1週間ごとに課題となるテーマを設定しています。講義やワークショップはすべて英語で行い、受講スタイルは、3週間続けてとることも、1週間ずつとることもできるようになっています。対象は、日本人とデンマーク人で、各週合計50名ずつ(日本人とデンマーク人がほぼ半分ずつくらいの割合)を考えています。

1週目は”Eating for Tomorrow”ということで、農業と食とガストロノミーがテーマ。これから、人はどのように食べ物を作り、何をどのように食べ、どう健康になり、どうやって全世界の人たちが飢えることなく食べていくことができるのか、そういったことについて、議論します。

2週目は”Producing for Tomorrow”というテーマで、地域資源をどのように活かしながら、再生可能エネルギーを生産し、持続可能な地域社会を築いていくか、そのために、テクノロジーはいかに活用されるべきか、ということについて議論します。

3週目は”Educating for Tomorrow”というテーマで、これから、民主主義社会で活躍できる市民を育てるためには、また、持続可能な社会を築いていくためには、それぞれの過程でどのような教育が必要になっていくのだろうか、ということについて議論をします。

すべての週で、それぞれの分野の専門家を招いて特別講義を行ったり、何回かのワークショップをすることによって、各々が疑問に思っていること、モヤモヤしていることをクリアにしていくプロセスを経て、課題解決の糸口をさぐります。

なぜ、このようなテーマを選んだかというと、ロラン島が、農業、再生可能エネルギー、教育に関して、デンマーク国内でも先進的な取り組みを続けてきており、その知見をぜひ国内外で活かしたい、と考えたこと、また、過去10年ほど、日本からたくさんのスタディツアーや研修ツアーをお迎えしている中で、私たちが向き合っている課題やテーマは、高齢化社会、気候変動適応、食糧自給、エネルギー安全保障、平和で持続可能な社会づくりなど、日本とデンマークで共通のものも多く、それなら、一緒に解決策を導き出すことができるのではないか、日本とデンマークの歴史と智慧、それに新しい視点をすり合わせれば、より高いシナジー効果が生まれるのではないか、と考えたからです。

自然豊かなロラン島で、美しい季節に、こうしたことをゆったりと学ぶのは、きっと誰にとっても忘れがたい、そして、これからの人生のための何らかの道標になる体験になると思います。また、サマースクール受講期間中は全宿泊と3食付きで、通常デンマークに滞在するよりも、価格もとても魅力的な設定になっていますし、既存のツアーとは全く違う、濃い体験ができることでしょう。

お申し込み、お問い合わせは、直接ウェブサイトへお寄せいただくか、(有)リボーン〈エコツーリズム・ネットワーク〉までお願いします。

みなさんの参加を、心よりお待ちしています!!!

この夏は、ロラン島でお会いしましょう(^_^)/

”Common Challenges, Common Solutions”

ImageGen.jpeg

ロラン市とコペンハーゲン首都圏が、歴史的な『持続可能な共生を目指す協力協定』締結!

去る2017年1月23日、ロラン市に於いて、ロラン市とHOFOR(コペンハーゲン首都圏の公益事業会社)が、強力で、長期的・戦略的な協力協定を締結しました。この協定は、ロランという地方都市とコペンハーゲン首都圏がこれからの共生社会をともに目指す、世界にも類をみないもの。ひと言で集約すれば『持続可能な共生を目指す協力協定』です。

img_2070
記者会見の様子。©By og Landskab

23日の協定調印式と記者会見は、ロラン市のホルガ・スコウ・ラスムセン市長をはじめ、フランク・イェンセン コペンハーゲン市長、HOFOR取締役会会長レオ・ラーセン氏、東デンマークで産官学のグリーン成長を牽引する組織Gate21のスティーン・クリスチャンセン会長が出席して行われました。

この協定締結のきっかけとなったのが、コペンハーゲン市が掲げている、2025年までに、世界で初めてのCO2ニュートラルの首都になるというエネルギー政策です。これは、デンマーク政府の、2050年までに電力、熱、輸送のすべてのエネルギー部門で化石燃料から脱却するという、野心的なエネルギー政策に呼応したものですが、その大きな鍵の一つとなるのが、風力発電やバイオマス利用を中心とした、再生可能エネルギー生産です。昨年8月のコラムでも書きましたが、コペンハーゲン市は、ロラン市が当初計画していた以上の風車の建設を必要としている、という問題が生じ、風車も150m級と大型化してきていることもあって、これだけの巨大な『発電所』を、コペンハーゲンのためだけに無条件に増やす訳にはいかない、では、どうしたらコペンハーゲンという首都とロラン市という地方都市が双方にとってメリットがあり、一過性ではない、永続的で未来志向の関係性が築けるか、という議論を続けた結果、ついに、この協力協定の締結にこぎつけました。

今回の協定では、ロラン市とHOFOR双方の「対等なパートナーシップ」という部分に重点が置かれています。具体的な価値観として、「対話」「開示性」「信頼」を掲げています。

具体的には、どんな協力を行っていくのかというと、まずは、コペンハーゲン市および首都圏にグリーンなエネルギーを持続的に供給するための風力発電をロラン市でさらに推進することからスタートしますが、協定の内容はエネルギーにとどまらず、以下の5つの目標に向かって様々な取り組みを行っていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-29-22-35-51

具体的なプロジェクトの実施は、Gate21が推進役となって行います。Gate21は、デンマーク東部46自治体とスウェーデン南部の33自治体およびスコーネ地域、コペンハーゲン首都圏地域、ロラン市、グルボースン市を含むシェラン地域を併せた一大エリアを、グリーンシフトとグリーン成長の世界先進地域にすることを目指す、産官学が連携する組織です。

2017年のこのプロジェクトの予算は200万デンマーク・クローネ(約3300万円)で、ロラン市とHOFORが折半します。

これからの数年で、ロラン市には、長年の夢だったエネルギーシステムの研究センターや、インフォセンターができるでしょうし、実際に登って高さや風の強さを体感できる風車なども作られるかもしれません。HOFORが所有する水とエネルギーのリビング・ラボのスタディーツアーへの活用も広がりそうです。

また、食分野でも、ロラン市で生産されるフルーツ、ベリー類、野菜などのオーガニック食材を、コペンハーゲン首都圏の公共施設で提供するための話し合いが始まります。

この『持続可能な共生のための協力協定』締結は、ロラン島で80年代から脈々と続いてきた、再生可能エネルギーへの取り組みと、今世紀になって始まった、量ではなく質の高い食へシフトするための試み、それに都市偏重型社会ではなく、都市と地方の対等な関係構築のために努力をしてきた先見の明を持った人々の努力の賜物と言えます。

まだ、法整備や情報が乏しい中、電力会社や既存の仕組みと戦いながら農地に風車を建てて、風力発電を開始した人々。ワラやウッドチップを使って熱供給や発電をしてきた地域の人々。廃棄物処理やリサイクルをクリーンでグリーンな仕組みに転換してきた人々。気候変動による海面上昇と高潮に対峙するため、新たな都市計画と、藻類培養によってお金を生み出す堤防づくりに取り組んできた人々。自宅を実証実験に開放し、これまで使っていた灯油ボイラーと引き換えに、水素のパイプラインを自宅に通して、何度となく訪れる研究者や専門家を受け入れ、協力しながら7年間の実証実験を完遂した人々。EU拡大、市場拡大と価格低下の波を受けながらも、伝統の農業に新たな付加価値を生み出した人々。そして、それを推進、協力してきた市の職員や関係者、地元の中小企業の方たち。

記者会見では、市長などそれぞれの組織のトップが華々しく新たな一歩に署名をし、スポットライトを浴びていましたが、この新たな一歩は、こうしたこれまでの市民や職員、労働者の諦めない努力と、よりよい未来を信じる力によって踏み出すことができているのだということを肝に銘じて、取り組んでもらいたいと願っています。特に、地方自治選挙が行われる今年のデンマークだからこそ、あえて、そう書き記したいと思います。

おそらく世界初の『持続可能な共生のための協力協定』。これからのロラン市とコペンハーゲン首都圏の取り組みに、ぜひご注目を!

国と自分との関係ってなんだろう?

IMG_0477.JPG

この夏の参議院選挙から『18歳選挙権』が実現します。

でも、日本のメディアでは、あまりこのことについて議論されていないように思い、ジリジリとした気持ちでいました。

なぜ、18歳から選挙で投票できるようになるのか。そうなることで、社会にはどんなメリットがあって、どんな影響があるのか。そもそも、選挙って何か。清き一票というけれど、なぜ選挙で投票に行った方がいいのか。選挙に行くと、社会はどう変わるのか。

こういうことを、学校でも、家庭でも、地域でも、じっくり話し合う必要があるのではないかと感じています。

そうしたら、昨日、NHKで『18歳からの質問状』という番組が放送されたようで、私もちらっと拝見する機会がありました。

ここでは、多くの18歳のみなさんが、現在、それから将来へ向けて感じる不安について、それから選挙で投票することの意味について、話し合われていました。

近い将来に対峙する就職や結婚などだけでなく、老後についても、すでに不安を感じているということに、悲しみを覚えました。18歳や19歳という年齢は、少なくとも私の育ってきた年代までは大半の人にとって『夢と希望でいっぱいの世代』だったと思うのです。でも、大変な受験勉強をやり遂げて、やっとの思いで大学や希望の進学先に進んでも、その先には大きな不安が立ちはだかっている…。なんだか、やりきれない気持ちです。

人は、基本的に生まれてくる国を選ぶことはできません。普通は、生まれた国で育ち、そこで暮らしを続けていきます。幸いにして、日本は民主主義国家です。ウィキペディアを見てみると「『国民主権』が日本国憲法第一条で定められており、『平和主義』『基本的人権』とともに三大原則のひとつとされている。」「国民主権のもとでは、主権は国民に由来し、国民は選挙を通じて代表機関である議会、もしくは国民投票などを通じて主権を行使する。その責任も国民に帰趨する。」とあります。

つまり、私たち国民が、自分たちが暮らしたいと思う国づくりをするためには、「選挙を通じて代表機関である議会、もしくは国民投票などを通じて主権を行使」することに「責任を負っている」ということになります。『国民主権』も、『平和主義』『基本的人権』も、日本国憲法で定められている事柄ですから、私たち国民には、それを享受する権利と、守っていく責任があるということですよね。

そうすると、おのずと、なぜ選挙に行く必要があるのか、の答えが見つかります。

ただ、日本は、国民から政治がなんだか遠い国になってしまっている気がします。それはなぜか、今、私が暮らしているデンマークと比較して考えてみると、いくつか理由が見えてきます。

  • 普段の生活の中で、政治の話はタブーな雰囲気がある
  • 学校で、自分の生活と密着した形で地域の政治、国の政治、国際政治、民主主義について実践的に学ぶ機会が少ない
  • 家庭で、あまり政治の話をしない
  • 大人も子どもも忙しすぎて、身近にいる地元の政治家や政党がどんな政策を持って活動しているのかを知る機会を得られない
  • 被選挙権年齢が高く、供託金も高額なので、選挙に立候補できる人が選別されている可能性がある。一般的に若い年代での立候補は難しく、世襲政治家や職業的政治家の増加を助長する一端となりかねない
  • メディア上での政治や政策に関する良質な議論や討論の場が日常的に少ない。メディアの大きな役割の一つである、政治についての報道をすることで、国民に政治的判断の基準を与えるという部分が不十分である
  • 政治家と腹を割って話せる機会が限られていることが多く、政治に接するのはメディアを通してなので、過去の事例などから、国民の、政治家や政治自体に対する漠然とした不信感が拭い切れない

他にも、いろいろ理由はあるかもしれません。

デンマークと比較して、と前に書きましたが、デンマークではここに羅列したことの反対のことが行われています。国の規模の違いはあろうかと思いますが、全体的に政治が国民、市民に非常に近いところにあります。これまでの国政選挙の投票率が常に85%以上を保っていることからも、その一端がうかがえます。

デンマークは、各種調査で『世界で一番幸せな国』に何度も選ばれています。かといって、全く不満のない国かというと、もちろんそういうわけではなく、問題や課題もたくさんあります。ただ、毎日の暮らしの中で、自分や、家族や、地域の人たちや、国や、世界の人たちの不安をひとつでも取り除いて、心地よく生きられる社会を作ろうと、あきらめずに様々なチャレンジをしている国だなぁというのが、この国に暮らす私の実感です。幸せは、様々な立場の人たちの不安な要素を一つでも減らしていく努力をすることで、得られているものなのです。

そう考えると、冒頭に触れた、日本の18歳、若い世代が感じている不安を減らしていくことが、暮らしやすい国、この国に生まれてよかったと思える国、日本をつくっていくことにつながるのだろうと思います。

デンマークでの民主主義はどのように機能しているのか、教育、福祉、エネルギー、NGO活動を通して、日本はどんな国になりたいのかを、皆さんと一緒に考えるスタディツアーを、この夏に企画しています。見どころ、体験どころ満載ですが、特筆すべきは、かつて1970年代に環境NGOとして、デンマークでの原発の利用の是非について国民や政治家を議論に導いた元原子力情報組織(OOA)の幹部が、草の根民主主義やデモなどについて、一緒に議論に参加してくれることになっています。8月22日〜29日のこのツアーでは、私が責任を持ってコーディネーターと案内人を務めます。ぜひご参加ください!皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

※写真はコペンハーゲンのクリスチャンスボー城。デンマーク王室や政府の迎賓館として利用されているほか、国会議事堂、内閣府、最高裁判所が置かれています。デンマークの歴史や民主主義について知るために、ぜひ一度は訪れたい場所です。タワーの上には、眺めがよく、雰囲気のいいレストランも。